店頭で気に入ったものを購入する「既製品」

目の前で選べるのが最大のメリット

婚約指輪を購入する場合、3種類のパターンで購入することができます。店頭で気に入っているものを購入する既製品を手に入れる方法と、ある程度決まったデザインから選んで注文をするセミオーダー、デザインから石の大きさ、種類まで決めて注文するフルオーダーです。
このうち、一番手早く手に入る方法は既製品で、実際にどんなものなのか確認をして手に入れられるところがメリットといえます。2人で買いに行った時に、直接手で触れてサイズや付け心地を確認して買いたいという人にとってはよい方法です。また、サイズの調整や刻印を刻む時に、一時的に預けるとしても短期間で済むため、一番早く手元に届けられるのが最大のメリットとなるでしょう。

注意して買うことでより愛着が増す

既製品の婚約指輪は目の前で選べること、手に入れるまでの期間がフルオーダーやセミオーダーよりも圧倒的に短期間で済みますが、だからこそ注意するべきポイントがあります。
店舗で見てよいと思ったデザインであっても、その店にパートナーのサイズがあるとは限らないことです。店舗によって売れ筋のサイズやデザインがあるため、ちょうど売切れてしまう可能性も少なくありません。そのため、買うときにはその店でパートナーのサイズがあるかどうか確認することも、忘れないでください。もし気に入ったデザインにぴったりのものがなくても、どれくらいの期間で取り寄せられるか相談することで、パートナーとけんかにならずに満足できる婚約指輪選びができるでしょう。